京都のおすすめレストラン(1)和食

JUGEMテーマ:京都で食べ歩き
最終更新日:2011年10月2日

京都といえば和食。これを楽しみに京都通いされる方も多いのではないでしょうか。
だしをきかせた京都の和食は、見た目と違い案外しっかりとした味わい。けれど、お醤油が勝った味付けに慣れた方にとっては、色みの淡さも手伝い、ものたりないとか、薄味だと感じられるかもしれません。でも、特に夜だけの営業や祇園のど真ん中にあるようなお店には、お酒と合う濃い味付けも少なくないものです。

和食は値の張るもの。コースの場合わたしの基準は、昼5000円〜7000円、夜10000円〜15000円。この価格帯までで、という条件で良いお店を聞かれることが多いからです。お値段が高ければ、美味しくて当たり前。残念ながらわたしの好きなお店もここを越えてしまうことが少なくありません。とはいえ高すぎず安すぎないこのクラスでも、京都らしい素材と旬は堪能できます。

なお、和食は17時くらいから営業されているところも多いので夜をいただいてから新幹線に、ということが十分可能です。お休みには注意を。日曜のかわりに月曜〜水曜定休が多いです。

は何度でも通いたい大好きなお店です。順不同。だいたいですが値のはる順に並べています
はテイクアウトOKな商品あり(とりよせ可能な商品は赤字で表記)
泣きは予約が難しい店
は夜だけの店
は朝食ありの店

●食通の友人たちのお墨付きや、気になる訪店は細字で紹介しています
●検索しやすい店名で表記している場合があります

●簡単な場所を記していますが、訪問前には定休日などの確認を

☆食べログ京都で詳細を検索☆
キーワードに店名を入れればOK!
 


◆コース料理(会席・懐石)
美山荘(花脊/1日3組ほどの名宿だが、料理だけもいただける。ただかなり遠いのでどうしても宿泊できない場合のみにおすすめ。なかひがしよりダイナミックな野趣あふれる摘草料理。持ち帰りもできる無添加の取り寄せ品も秀逸で、花山椒ちりめんは特に素晴らしい

建仁寺丸山(八坂通/こちらは立派な門構えで高級旅館のよう。いずれも祇園らしく華やかな料理

祇園丸山(祇園/裏路地にたたずむ町家。数多くのお宝は一軒の価値あり。井戸水が美味。昼でも1万以上の方が満足できる)

近又(御幸町四条/朝食あり5000円/お座敷を独占できる。昼1万の料理は満足度高い。朝食は豪華ではなく量も少なめだが個室でゆったり過ごせる

天ぷら松(嵐山/駅からタクシーで10分足らず。気軽な雰囲気の中で素晴らしい器に驚くべき斬新な料理を盛って出し、CPも高い)

草喰なかひがし(銀閣寺/最愛の店。美山荘よりも美しく洗練された料理。野菜だけでなく、鯉、鴨も絶品
観山(高辻高倉/吉兆仕込みだが綺麗に流れすぎない実質的な料理。昼は水金日のみで2日前には予約が必要。)
ハート弧玖(出町/桜田出身の実力派だが、若くサービス精神も旺盛でお値打ち。濃いめの味。若さあふれる料理)
ハート御料理秋山(北山/もてなしの心がつたわってくるカウンターのみ、CP抜群の店)
御料理はやし(出町/姿勢を正して料理をいただきたくなる店。引き算の料理
ハート下鴨茶寮(下鴨/下鴨神社そばの歴史ある料亭を小山薫堂氏が引き継いで経営。日本庭園を眺めるダイニングルームも個室の座敷もテーブル席で利用しやすい。淡い色合いと上品な薄味が素晴らしいちりめん山椒や香り高い粉しょうゆなど取り寄せ品も多彩
天ぷら割烹なかじん(高倉六角/元「虚無蕎望なかじん」の店主が蕎麦アレルギーになったため業態変更。コースでは、自分好みの料理を食べられる。全粒粉を使った「麦切り」が味わえ、デザートは食後酒にすることも可能

千ひろ(祇園/端正な料理、すがすがしい佇まい。昼夜同じ価格。デザートはジュースのみでこれがもの足りないと感じるうちは、まだ若いのかも)
吉泉(下鴨/ミシュラン三ツ星獲得店で海外客が多い。個室メインだがひとり客に嬉しいカウンターもある。昼1万で十分満足できる)
美濃吉本店竹茂楼(三条東山/昼でも1万以上にしたほうが満足度が高い。個室座敷で料亭気分が味わえる。うなぎ鍋、薬膳鶏鍋、わらびもち、鰻茶漬け等取り寄せ品はどれも無添加で素晴らしく、店頭で買えるものも)
京都和久傳(伊勢丹/出発間際など時間のないときでもちゃんと食べたい時に
室町和久傳(堺町御池/
美味しいけれど盛りつけなどに凝らない男性的な料理。同じフロアに紫野和久傳のショップ(おもたせ各種)、階上に甘味どころがある)
祇園さ々木(八坂通/しばらく行かないと恋しくなる店、大変美味な鯖寿司は予約制でテイクアウト可能
光安(移転後未訪千本丸太町/石割農園の野菜を使った懐石。烏丸丸太町から移転、高額店へ)
*夜だけの店
祇園にしむら(祇園北/鯖寿司が有名だが何を食べてもいけるCPも良い店。コース内にも出る鯖寿司は美しさ、味わいともに京都髄一で取り寄せ、テイクアウト可能)
佳肴岡もと(馬町/CPよく雰囲気もかしこまりすぎない穴場。酒にあう料理だがデザートまで気を抜かない佳い店。鯖寿司のテイクアウトは予約制)
夢しょうぶ(西大路鞍馬口/コース主体の割烹。1万円以下で味わえる素晴らしい料理とサービス。夏は予約制で骨抜き鱧がいただける)
祇園樂味(祇園南/佐々木さんの右腕でここにいた木田さんが独立(祇園きだ)後未訪だが、好きな料理を色々注文できる変わりプリフィクススタイル。お肉より魚を。好きな魚介を好きな調理法で楽しめる)
 

◆アラカルトあり
ハート馳走いなせや(三条柳馬場/5000円の地鶏コースはおトク。22時過ぎても入店できる京都では貴重な店。アラカルトと日本酒が揃う)

割烹やました(木屋町御池/魚だけなので魚好きな方に。カウンターがおすすめ

さか本(長く未訪祇園/白川沿いのロケーションは素晴らしい。すっぽん味噌は秀逸な手土産、取り寄せ品

えいたろうや(烏丸御池/地下鉄からすぐ、新幹線に乗る前に軽くというときにぴったり。魚中心の居酒屋)

*夜だけの店
夜阪川夜(祇園南/宴会などでなければ大将がいるカウンターで味わいたい、大人のための質の高い割烹)

割烹夜ハートはらだ(河原町二条/単品主体だがコースがお値打ち。カウンターのほか個室あり)

祇園ろはん(四条縄手/鯖サンドも白ご飯も最高!お値打ちで使える新割烹

きたざと(祇園南/知る人ぞ知る比叡平「北さん」の主人が祇園に復活!割烹スタイルの居酒屋は必ずカウンターを指定して)

夜ハート神馬(千本中立売/居酒屋の名店。ざっかけない雰囲気だがお値段は質の良さを反映しお安くはない)

泣き夜ハート食堂おがわ(移転後未訪河原町四条/小体な店にいつも人があふれている。若い夫婦が切り盛りする手頃な価格が嬉しい本格料理が単品でいただける店)

 

夜美食悦楽 紫季(烏丸紫明/和食中心に洋食系メニューもわがままをきいて作ってくれる自由度の高い店)

夜菜処やすかわ(祇園新橋/おでん主体のざっかけない居酒屋。雰囲気は普通過ぎるが料理は旨い)
夜夜山家(リニューアル後未訪下鴨/鶏料理中心の居酒屋。地元で愛されている店)

 


◆専門料理
ハート大市(西陣/すっぽん鍋。文人にも愛された日本一と言われるスッポンなべの老舗。風情ある町家の座敷の個室でいただく

右源太(叡電貴船口秋冬限定 気生根鍋。スッポンと猪と野菜をたっぷりいただける素晴らしい鍋を贅沢に個室で。一日二組までのモダンな宿でもあるが、この時期はカメムシ発生に注意
松乃鰻寮(木野/鰻、う鍋。立派なお屋敷で鍋は個室でいただける。滋味なる味わいにウットリ。お茶漬け鰻や鰻もテイクアウト、取り寄せ可能

プレゼントハート天邑(麩屋町三条/天ぷら。俵屋経営で一品料理と組み合わせたコースは満足感CPともに高いが、夜は天ぷらだけにし2軒目を楽しむのがおすすめ。予約制の昼の持ち帰り弁当もあり)

ハート夜夜傳八(北山/まどかてい/ふぐ料理。天然物のとらふぐが信じられない価格でいただける地元で長く愛されているお店。もう他のふぐには行けません。教えたくない店1かも)

ハート夜夜夜亭・まどかてい(島原/すっぽん料理。大市よりずっと格安だが非常に美味。おみやげもあり)

ハート松籟庵・しょうらいあん(嵐山/湯豆腐。子連れNG、大堰川を見下ろす素晴らしい景色とともに大人のための上質な豆腐料理がいただける。川沿いに歩くのがおすすめだが高齢の方にはちょっと厳しいかも)

 

夜嘗(しょう/烏丸丸太町/味噌料理専門店。CPよくこぎれいな小料理屋でおでんがメイン)
半兵衛麩(烏丸五条/麩料理。麩づくしのお膳は靴をぬいで上がるダイニングで。おみやげが買える洋館も必見)
夜もち料理きたむら(木屋町仏光寺/お餅料理を中心に旬の和食を楽しめる。鴨川店はコース、木屋町店は単品と分かれている。「おもちゃ箱」は楽しい一品)

平野屋(嵐山鳥居本/鮎懐石が有名だが、料理よりも風情ある佇まいが印象に残る。店先で一服もでき、冬以外ならいただける志んこが可愛くて美味しい)

花梓侘(北山/つまみ寿司。伊勢丹の老舗弁当でも買える手まり寿司がいただけるセットが人気。昼のみお値打ちの和食コースも
志る幸(四条西木屋町/汁もの専門店。利久辨當というセットが昼夜ともにお安くて人気。アラカルトもあり)
わらじや(長く未訪博物館前/う鍋。大市と雰囲気が似た座敷の個室で鍋を囲む。子連れもOK)
順正(長く未訪南禅寺/湯豆腐。立派なお庭が眺められるお屋敷でいただく湯豆腐やしゃぶしゃぶ夜​​夜

*鶏料理

ハート夜夜夜水だき萬治郎(祇園新橋/鶏水炊き、5-9月は完全休業。すべてが素晴らしい、教えたくない名店)
夜夜夜侘家古暦堂本店(祇園/鶏料理。ムードあるしゃれた店内でこだわりの焼鳥や刺身等を楽しめる)
八起庵(川端丸太町/鶏料理。鶏なんば、鴨なんばなどおうどんも美味

夜新三浦(木屋町二条/鶏水炊き。森光子の生家だったという鴨川沿いの風情あるたたずまい。個室でいただけ、鶏料理単品も追加できる)

 

とり料理瀬戸(国際会議場前/駅からタクシーで10分足らず。鶏料理。朝つぶした自家飼いの鶏は鮮度抜群で他では味わえない美味しさだが最近刺身を出さなくなった。畑の野菜も美味で、ことに秋は松茸が出ることもあるそうでおすすめ)

夜とり安(長く未訪南禅寺/鶏水炊き。こちらもやはり広々としたお屋敷でいただく京都らしい味わい

夜鳥彌三 (とりやさ/長く未訪四条木屋町/鶏水炊き)

 

*そば、うどんを使った料理

澤正(今熊野/蕎麦会席。お屋敷でいただく、蕎麦を使った大変レベルの高い料理。作家ものの清水焼の器もすばらしい。蕎麦菓子、そばまんじゅうのテイクアウトもおすすめ
権兵衛(北山/うどんすきの「炊き鍋(寄せ鍋風)」が名物で通し営業が嬉しい。鍋以外ではつまみを愉しみ、蕎麦、うどんが選べる)

仁王門うね乃(川端仁王門/うどんすきの「うどん鍋(野菜と鶏)」は4名以上で2階の個室が使えるほか、夜は一人前からカウンターでも。割烹梅津出身の料理長がつくる一品料理、お酒の種類も多くゆっくり楽しめる)
紫野和久傳⇒五(いつつ/大徳寺前/精進料理店が蕎麦と一品料理の店にリニューアル。空間も美しく、料理も当然ながら秀逸。店頭でも買える和三盆「紅」や西湖などの菓子、すっぽんのにこごりなどの無添加惣菜、季節の鍋等は取り寄せ可能で、予約しておくテイクアウト用の弁当もおすすめ

 

 

*わたし好みではないけれど昼の選択肢のひとつに
錦水亭(長岡京/春の筍尽くしが有名。会席なら池を望む個室でいただける)

 

◆朝食・・・ちょっと贅沢に―早めの予約が必要。
瓢亭(南禅寺/夏限定 本館の6000円の朝かゆ。できれば一番奥の離れを指定。400年の伝統と空気を味わえ、価格以上の価値が感じられるはず)
入船(京都ホテルオークラ/席数わずかの5000円の特別朝食。東山を望む個室で、朝から会席を並べ立て一度に自由に味わえる贅沢。まる鍋(すっぽん)に、夏ならたとえば鱧と鮎なども登場する)
近又(上部記事参照)
丹(三条白川/和久傳のごはん屋さんは2000円で野菜中心、おかわり可能な和食膳でパンも選べる。食後別料金で二階でお茶もできる。予約がマスト)

辻留(京都グランドプリンスホテル/6000円。ふたり以上が原則だが日によって可能な場合も)
蛍(京都ブライトンホテル/5000円のくじゃく膳)
喜心(未祇園南/なかひがしの三男さんがプロデュースされた朝食がいただけるスペース。昼すぎまで時間制でやっているのでお昼代わりにも)

| 1/10PAGES | >>