京都のおすすめレストラン(7)バー

JUGEMテーマ:京都で食べ歩き
最終更新日:2011年10月3日


比較的夜の早い京都ですが、お食事のあとに、あるいは深夜まで飲み明かしたいときなどに遅くまでやっているバーやカフェを知っていると便利。訪れる前には席の確認のためにも電話を一本入れて。まだまだご紹介できるところは少ないけれど、随時追加していきます。
は何度でも通いたい大好きなお店です。順不同ですが一番上だけは一番好きな店にしています
はテイクアウトOKな商品あり(とりよせ可能な商品は赤字で表記)
は夜だけの店

●食通の友人たちのお墨付きや、気になる訪店は細字で紹介しています
●検索しやすい店名で表記している場合があります

●電話番号、定休日、簡単な場所、営業時間を記していますが、訪問前には確認を 

☆食べログ京都で詳細を検索☆
キーワードに店名を入れればOK!


◆バー
Rm(075-525-5510 火曜/祇園新橋)
予約制の隠れ家バー。ゆとりある静かな空間に
マスターがひとり。彼の魅力がこのバーの魅力でもありリピーターを呼んでいる
八咫(075-525-5211 日/祇園新橋)
白川近くの美しく風情ある新橋通に佇む町家スタイルの和食店2階に併設のバー。敷居が高そうだが和食は夜6000円からと手ごろでサービスも素晴らしく、早めの時間帯にはバーでも一品料理がいただける。お手洗いは靴を脱いで座敷に上がります)

雪月花(075-231-0070 不定休/富小路三条)
色気のあるエントランス。一階、地下とそれぞれ個性あるカウンターや小部屋に分かれている。女性バーテンダーもいる柔らかで洒落た雰囲気のバー
クーゲル(075-525-2911 月/縄手四条)
華やかさと高級感漂ういかにも祇園らしいシャンパンバー。紹介制だけど、一本でんわを入れてから訪れれば大丈夫
カルバドール(075-211-4737 水/寺町二条)
目印はコンビニ。看板が出ていないけれビルの上にあるバー。マスターがひとりでやっている小さな店なので、満席だと注文を待つことも。暗くムーディで大人のためのなんともシックなバー
K家(075-241-0489 火/御幸町六角)
細い路地を入っていくアプローチはいかにも京都らしく、なかに入っても和を感じさせる、しゃれた空間。カフェのような雰囲気もありおもいのほか広くいろんなタイプの席がある。ひとりより二人以上で
ワインバーヴィオラ(075-255-2558 不定休/高倉六角)
高倉六角から河原町方面へ少し歩くとすぐわかる。イタリアワイン専門でテーブル席もあり、暗すぎずほどよくカジュアル。ハンサムなマスターもステキ
エルテソロ(075-541-1770 水/新橋縄手)
K6出身のマスターの作るカクテルは絶妙な美味しさ。鴨川を望むカウンターに座れたら最高。高倉六角から河原町方面へ少し歩くとすぐわかる

チッペンデール(075-254-2541 無休/京都ホテルオークラ)
2階にあるバーで日付が変わる頃閉店してしまうが、その代り早い時間からやっていてカフェ代わりにも使える。重厚な雰囲気と丁寧なサービスはさすが老舗の一流ホテルならのもの。
スイングトップ(075-255-3438 月/河原町蛸薬師)
BALビル脇を入って木屋町に向かうと右手に小さな看板が見え2階に上がる。気楽なバーなのでベンチチェアとテーブルがある奥の席で夜カフェづかいもOK!
カウンターでは京都の夜を知りつくしたマスター、角さんとの会話が弾む。その昔は夜遊び人たちが集った伝説のバー。いまだにLPレコードで音楽を聴かせてくれる。以前は昼もやっていて、カレーが名物。高校の頃から通っている懐かしい店。
K6(075-255-5009 無休/木屋町二条)
ひとりやカップルなら左の暗く落ち着いた空間へ。みんなとワイワイなら右の空間へ。まったく違う二つの雰囲気を持つ人気バー。金土はAM5時までやっているのも嬉しい
ロッキングチェアー(075-496-8679 火/御幸町仏光寺)
夜な夜なにぎわう人気バー。静かに話したいときよりも数人で楽しく飲みたいときに
文久(075-211-1982 無休/三条姉小路)
朝日会館とカトリック教会の間の道沿いを注意深くみていくと、小さな「文久」の門灯が。奥に路地を入っていく一軒家。和の雰囲気漂う大きなテーブルを客が囲むため、ひとりだと所在ない。早めの時間に楽しむほうがゆっくりできるかも
ワイングロッサリーワインバー(075-255-0117 無休/新町六角)
ワイン好きには有名なワインショップが経営する風情あるワインバーでイタリアン的な料理も楽しめる。誕生年などに合わせて贈れるアルマニャックはしゃれたプレゼントに)爽やかな白、KIMURAワインも取り寄せ可能。

NITI(夜未訪祇園/夏の昼は天然氷が名物の元スフェラバー里中氏がオーナーのバー)
うえと(東山三条/入りやすい路面店で、色々なイベントも人気のバー)
ローズバンク(烏丸御池/16時からやっている評判のよいオーセンティックなバー) 
ザ・バー(リッツカールトン京都/ホテルのバーとしては0時越えのLOは貴重。フジタ時代の石水と比べてみたい)

 


☆食べログ京都で詳細を検索☆
キーワードに店名を入れればOK!


◆バーづかいもできる深夜営業のレストラン・・・料理は1、2皿程度でも気がねなく

ハナ(075-231-0606 水/河原町今出川)
出町大橋を商店街のほうに渡ってすぐ、漬物の西利の階上にあるレストラン&バー。特等席の小さなカウンターは、夕暮れ時には目の前に西山の夕日を見ることができる。東西に窓があるが、特に大文字から連なる東山連峰の眺めがいい。テーブル席でいただく料理は、ベルクール仕込みのイタリアンフレンチでこれもまた美味。AM2時まで営業の穴場
京都ネーゼ(075−212-2129 不定休だが主に日/三条木屋町)
京都で最も人気のイタリアンながら、バーづかいもできる手軽さが素晴らしい。常に満席なのでふらっとバーづかいするには不向きだが空いていれば、旨いつまみとともに楽しめる。おなかがいっぱいのときに行くとつまらないかも。 L.O.24時
カフェ・オステリア・シルエット(075-541-8823 無休/四条縄手南)

ビルの二階だけど、立て看板が出ているので案外わかりやすい。とてもおしゃれでムーディな、くつろげる空間。一杯飲むだけでも、軽くイタリアンをつまみたいときにも。L.O.AM1:30で、リーズナブルで二軒目や、夜遅ごはんにぴったり。
ポキート(075-212-8450 水曜/河原町三条上ル)
ロイヤルホテル&スパの北隣の細い路地。1時まで飲めるが、12時を過ぎると温かい料理はオーダーストップになるので、遅くとも11時台には入店したい。料理はシンプルなのに非常に美味。スペインバルなのかイタリアンバールなのか、とにかくその境界にある小さな店。
バール・チンギアレット(075-525-5888 日曜/四条花見小路南)
祇園のど真ん中のモダンで明るいイタリアンバール。亀岡の名店チンギアーレの姉妹店なので、料理も洗練されておりひとりでも楽しめるオトナの店。なんとL.O.AM3!このビルの二階の甘味「楽々」も昼のうちにぜひ。
ビストロさか(075-525-8454 日曜/四条縄手東)
月曜〜土曜までL.O.AM2(祝日のみ24時)の使えるイタリアン&フレンチ。ビストロと名乗っているが、軽めの料理も多い。ひとりならカウンターづかいがおすすめ。早い時間からしっかり食事もできる。つまみというより、ちゃんとしたアラカルトが目立つが、フレキシブルに使える店。以前のシェフは、現在雰囲気もお値段もハイグレードな「宮川町さか」で腕をふるい、現在は氏の弟が店を切り盛りする。
サザンコート(075-342-5523 無休/京都駅)
駅に直結しているグランヴィア京都の15階にあり、市内を一望でき場所も便利。ランチもやっているスカイラウンジで、料理も楽しめる。京都駅周辺で安心して遅い時間に使える店として貴重な存在。とはいえL.O.は23時半