京都佳つ乃歳時記



その昔、郷ひろみとの色恋沙汰で、いちやく時の人となった佳つ乃さんは、今まで見たこともないほど美しい舞妓さんでした。こんな人もいるのだと、驚いた記憶があります。一度、夕刻の切り通しで、風呂敷をかかえながら足早に歩く佳つ乃さんを見かけたのですが、小柄ではっとするほどおきれいでした。
 
時を経て、舞妓を卒業し芸妓になった佳つ乃さんはいつのまにか息子を生み育てながら、「やまがた」というバーを経営するようになり、昨年は「姫」という新しいお店もオープンされました。また、わたしの愛読誌である美STORYや25ansにも最近よく掲載されているので嬉しくてたまりません。

この本は京都のガイドブックの役割を果たしつつ、佳つ乃ファンにはたまらない写真集となっています。なにせ篠山紀信さんですもの。それにしても佳つ乃さんって、笑っていないほうがきれいなんですね。彼女の少しドール的な美しさは、特に着物のときはきりっとした表情のほうが引き立つように思います。

とはいえ、もちろんいろんな表情の佳つ乃さんがここにはおさめられています。歳時記、というだけあり京都の四季や文化をつぶさに感じることもできます。 嬉しいのは、掲載されているのは「佳つ乃さんのお気に入り」ばかりだということ。佳つ乃さんのように着物を着て、京都めぐりをしたくなる・・・とにかく美しいものが大好きな女性におすすめの一冊です。

商品: 京都 佳つ乃歳時記
価格: 1995円